考えることが多い

毎日いろんなたくさんのことが頭の中で暴れてる。言葉にしてること以外にもたくさんありすぎて、だから話そうとすると色々出てきすぎるからあんま自分からは話さないようにしてるんだなって(人との対面での会話ね)思う。

 

自己責任について凄く考える。自己責任ってなんでもかんでも当てはめていいものなのかなと思ってる。時に都合よく自分は悪くありません、全部お前のせいだよ?って丸めようとできる便利な言葉だなって思う。

特に私は自分を責めるというか絶対に自分が悪かったところを1%でも探す人間だから、自分が悪いって思いがち。人のせいにあんまできない(まあでも、ああ、こいつは全部私のせいにしようとしてきてるなってのは、わかってるけどね)

今年からはあんま自分責めすぎるのやめたい。かといって人のせいにもしないけど。

 

例えば、家庭環境に問題ある子が苦しい思いしてても自己責任だってなるのは、え?って思う。いや、それは違うでしょっていう。

 

確かに大人になれば自分で何事も選択していけるから、要は自分次第なんで、自己責任だって言われる場面が多くなるのもわかる。まーでも大人でもやむを得ない事情ってあるがね

 

まあでもさすがに子供に自己責任論で論破しようとするのは、ちょっとまてよ、と思ったりする。子供は一人でできることが少ないのに、そこで、全部お前のせいだからってのは酷だと思うし、経験してきて思った。辛かったね、大人は誰も助けてくれないって思いから、大人不信になったかな。まあ今は不信感のある人間とは関わらないように出来てるけど

子供には自己責任論を押し付けるんじゃなくて、教えようよ、色々と…って思う。だから私はそうしていきたいなって。

 

まあ、面倒くさかったんだろうな、自己責任だろ、全部お前のせいだからって言えば色々回避できるしね、言う側は。

便利な言葉だがそれゆえに言いなりになっちゃいかんと思う。中身をしっかり見極めないとねー。まあいちいちアンチ掲げないけどさ。言っても、逆ギレされるからねこのタイプの人間には。笑笑

 

助けてもらえないというか、安心できる居場所がないことの息苦しさと焦りと不安って、ものすごい死にたみにつながるのです。

あと自分を受け入れられないというか、まあ例えば私なら、何やっても遅い、だからお前はダメなんだって言われると、ああ私ダメなんだなって、どうしてもなっちゃうんだよね。

 

でも、ちょっとでも自分を尊重してもらえると、その不安も自然と薄れるんだよね。

それをして頂けたのが20歳以降。笑 二人にしかそうして頂けなかったが、でも、二人いただけいい。って思ってるよ今は。前はゼロだったもん。

でも、私は誰しも子供時代からそうされるべきだと思ってる。後々に影響出ます。

 

まあ22歳もそこそこ病んでたな。笑 病むってか考え過ぎと過去引きずりすぎ。

でも、いつまでも過去ずるずる引きずってる自分嫌いだしそこに甘んじる自分のことも好きじゃないから、なんか…変わろうって思った。本当の意味で。

 

まあさ、子育てって正解ないからね。親も人間だし。

失敗というか、まあもちろんわたしもよくなかったところたっっくさんあるけど…出来損ないすぎた自分もよくなかったなって。

単純に親と考え方も人間性も合わなかっただけ。まあ親子とはいえ色々あるよ笑 でもそれでも私は自分の考えを貫きたいと思う。まあ、親の言うことも確かになって思ったら聞くしまあ学べるところは学びたいなとは思う。

 

まあだから、家族とか親ってなんなんだろうとか考えもするわけで。世間の当たり前はだいたい私にとっては当たり前じゃなかったから考えざるを得なかったところもあるが

 

まあでも当たり前を問い直すのって結構楽しいし、当たり前って脆いなあ…って思ったりもするし、逆に当たり前を信じて疑わないのはある意味で幸せだとも、その無知さが時に爆弾になるんだよなあとも思ったりするし笑

え、当たり前なんだから当たり前でしょ?で終わらせてそれ以外を排除することが当たり前の社会は怖いなって思う。(ややこしい)

 

 

要約すると、チョコがけ柿ピーは、神。