謙虚と自己主張

謙虚でもいたいし(というか、年齢的にも内面的にも謙虚でいなきゃいけないと思う…)、でも自分の考えも持っていたいしっていう。ていうか、自分は持たなきゃ生きられない人間だなと…

 

なんかそのバランスが難しいなと思いました。

 

関わる人選ぶって言ってるけど、多分パッと見たら結構傲慢な考え方というか、図々しく見えると思うんですね。ただ見た目で判断するとかは全くないですけど。

 

ただ、やっぱり選んでいかないと、騙す人間、利用する人間っているので。そこを避けて生きないと、自分が死にます。

自分のために逃げることも避けることも肯定する派です。

あかんやつに盲目的になって依存したらいよいよアウトだなと思っていて。

 

でも謙虚さも忘れたくないのです。

こんな文章書いといてなに言ってんだ?との声もあると思いますけど、やっぱり自分は良くないところとか直すべきところとか、無限にある思っていて。もちろん外見も…(遠い目)

それを自分でわかってるので。

 

謙虚でいればそりゃバカにされやすくもなるし気分で当たられたりするし、この人には何やってもいいだろうみたいな。ナメられます!笑

そういう人間にターゲットにされやすくはなりますね!実際色々ありましたね!笑

まあ年齢的にも、まず自分より下の人がいるって環境もあまりなかったので、仕方なかった点もあるんですけどね。

ただなんでも従って一人でこなすのと謙虚さってイコールなのかなあ…って疑問も…まあ仕事ではそういなきゃいけないなと思いますが。

 

でも本当に素敵な方も見抜きやすくなります。

 

年下だし、特に良くしても何の利益もない人間に良くしてくださった方々は本当にみなさま素敵な方々でしたね。ありがたかったです。

 

だからなんか、難しいんですよね。謙虚でいるのと自己主張のバランスって。傲慢な人間にはなりたくはないので。というか似合わないし、私が傲慢になったらいよいよ周りから人が消えると思います。笑

すごい可愛いとか超絶美人とかなら話は別ですけどね。

 

まあ、私がこう思うっていうことは単なる一個人の考えでしかないので。間違いなく絶対正義ではないです。多分、穴もボッコボコだと思うし。笑

 

まあ難しいすね、色々と!