ほえ〜となったお話

音楽を通しての人との出会いに救われたってお話に、ほえ〜となりました。

 

私は音楽、作品自体に救われた記憶の方が圧倒的に多かったので、そういう人もいるのか〜と。

同時に、いかに私が自分本位で生きてるかということに気付かされた気もしました。

 

お話されてた方、初めてお会いしたのですが、もう、誰とでも仲良くなれるし誰からも好かれるような、明るくまっすぐな方でした。

いやあ成功している人ってこういう人か〜と。最近思うのは、どんな仕事でもやっぱり人間性だなと…

しっかり私の話も聞いてくださって、お話も上手くて、教えるのも凄く上手くて(本当に、教わった後、言われたことまさにそれだなと腑に落ちた)、私にはスーパーサイヤ人にドーピング飲ませてさらにスーパーになったスーパースーパーサイヤ人に見えました。

 

ってくらい、雲の上どころか宇宙にいそうな方でしたね。

救われたって言ってましたが、そういう人だからこそ周りがついてきたんだろうな〜とは思って。

 

私は完全に音楽、作品の世界の中でとどまってた側の人間で。一人で作品楽しんだり感動したりして終了、みたいな。

好きな音楽同じで、ライブ会場とかSNSで知り合ったファン友達みたいなのは皆無です。話しかけて頂いたことは数回あるけども…

だから正直、音楽通して人とつながる喜びみたいなのって、わからないというか…否定してるわけではありませんよ。

 

いやまあ、多分私以外の大体の人は、こういう出会いも楽しんでいるんだろうけど。

大体の人はファン友達を作ってるし、やっぱ自分はイレギュラーなのかなーと…

 

今日も話したのですが、私がバンドに興味ないのは、まずバンドってなるとメンバー、人と関わらなきゃいけないから。

 

楽器やってるのにバンドやってないの!?ってよく言われるのですが、もう全ては対人恐怖というか自分の対人関係の凄まじい苦手さからきてますね。

あとは単純に、私がとりあえず演奏したいから楽器やってるだけです!みたいな。

自分本位ですな。笑

 

でも、今日、セッション凄くいいよと諭されて、ああ、とりあえずそこまでのレベルに自分を持って行って、一回やってみるのもいいのかなと思いました。

単純というか、バンドも頑なに自分はこうだからやりたくない、だったのですが、柔軟になろう、と。

やってみなきゃわからないし。

 

話ずれましたが、でも結局音楽にはいろんな楽しみ方があって良いな〜という。

多分私はまだ知らない音楽の楽しみ方がたくさんあるんだろうなと思って。

 

まずは、自分の抱えてる問題を理解してなるべく改善に向けて、人とまともに関われるような人間になりつつ、音楽通しての出会いに喜べる日が来るといいなと。

まあとにかく人とやる音楽が楽しいと思えるといいなあと思いました。

 

まあそんなところです。