最近また大学時代の勉強をし直してる。

 

私の学部は変人が集う(常識を疑う学問だからw)と言われていたんだけど、むしろその常識を疑うってとこに惹かれて私は入学しました。笑

 

まあ前から常識ってなんなんだろうとか、一般的に良いとされていることが私にはわからなかったり、集団行動やあるべき人物像を強いられる意味もわからなかったし。

結構、私は一般的とされていることとはズレてるなと思うことが多かった。それで、自分はおかしいのかとか(まあ実際に言われてきた)、社会にそぐわない人間なんだとか、

まー実際やっぱ生きづらいからね、世間とズレてるっていうのは。そこは今でも感じるところだなあ。

 

もちろん生きづらさは今でもあるものの、大学の勉強や色々な出会いを通して、なんだろう、多少は生きづらさはなくなったというか、自分の考えに自信を持てるようになったかな。

いろんな人がいてそれぞれそれぞれの生き方があるんだなあ、とも思ったし、

まあ面識はなくとも大学の勉強通して世の中にいろんな人がいるっていうことも知れたし、

顔関係なく良くしてくれた人たちがいたのも、救いだったな。

 

勿論、私が絶対正しいんだ!!とかそんな意味じゃなく笑

私はこう思っている、ってのを、自分で認識できるようになった、というか。

当然私の考え方に、異論がバンバン飛んでくるのもわかっている。

やっぱり世間のズレはあるし、まだまだ少数派の考えなんだなって痛感することも多々あるし。

けれども、そこに屈するというか、人に嫌われたくないから一般的な考えに合わせるとかはせず、異論も受け止めて、その上で私はこう思う。ってのを言えるようになった。って感じかな

 

まあなんか、互いを尊重し合って生きよう。という。

その人の時間はその人のものだから、幸せも然り。

それを奪うようなこと、邪魔するようなことはしちゃいけないなと。

 

なんだろう。人間らしくないというか 綺麗事を言いたいわけではなく。

もっと憎しみの感情とか負の感情持った方がいいのかもしれないが、

私はもう散々人嫌いになってきましたし、人の嫌なところも沢山見てきたし、この人訳わからないなって人にも遭遇してきたし、もう、なんか疲れたのよ、そういうの。笑

 

勿論今でも、人間大好きだょ☆とは口が裂けても言えない。やっぱり憎しみや恐怖心とか、消えないね。

ふとした瞬間に、人間辞めたいから死にたくなったりも、人間に対する憎悪が湧いてきたりもするし。

苦手な人もこれから沢山遭遇すると思うし。

好きな人たちは好きだけど。

 

まあけど、好きな人たち以外は無関心を徹底して貫く、って形で私は対処してる、というか対処できるようになった。

非人間的だけど、この人が生きようが死のうが私には一切関係ない(勿論どんなにムカつく人でもその人の死を悲しむ人たちがいたりするのは、わかっているよ)と、もう、ひたすらにどうでもいいを極めるというか。

無駄なところにエネルギー使わない、っていう感じ。

死んでほしいと思うより、省エネよ。憎しみに使うエネルギーは半端ないからね。

 

まあ様々なことへの知識、理解を深めたいなと思っています。このことが他者を尊重することにつながっていくと私は思っている。

お互いを尊重しあえれば、とはいえ相手が私を尊重してくれるとは限らない。

けれども、私から尊重していかなければ何も始まらない。と思っているので。

あとは、この姿勢をどううまく伝えていくか。ってとこ。まあこれは一生試行錯誤してくだろうな。

 

別に共感しろとは言わない。

私だって他者にはその人なりの考えがあるってわかっているから。

共感はされなくとも、なるほどと理解を示してくれるのが何よりも救い。

 

他者を尊重する故都合よく扱われることもあるかもしれないが、まあそう扱ってくるなら私はそんな関係長続きしないと思うし、まあいいんじゃないかな、どうせそういうのは呆気なく終わるし。

私もそんなの長期的見れば必要ないからなあ。

まあ察する能力くらい身につけてきてるよ、今まで生きてきて。ぶっちゃけすぐわかるよ。言わないけどね。笑

 

まあそんな感じ。